業績(2017年度発表)

論文・著書

論文[原著(欧文)]

  1. Shinichi Yoshimura, Kazutaka Uchida, Takashi Daimon, Ryuzo Takashima, Kazuhiro Kimura, Takeshi Morimoto; on behalf of ASSORT Trial Investigator: Randomized controlled trial of early versus delayed statin therapy in patients with acute ischemic stroke ASSORT Trial. Stroke 48(11):3057-3063, 2017
  2. Hiroto Kageyama, Shinichi Yoshimura, Kazutaka Uchida, Tomoko Iida Advantages and disadvantages of multi-axis intraoperative angiography unit for percutaneous pedicle screw placement in the lumbar spine. Neurol Med Chir (Tokyo) 57:481-488, 2017
  3. Manabu Shirakawa, Shinichi Yoshimura, Kazutaka Uchida, Seigo Shindo, Kiyofumi Yamada, Junko Kuroda, Toshinori Takagi, Yoshihiro Takada, Reiichi Ishikura Relationship between hemorrhagic complications and target vessels in acute thrombectomy. J Stroke Cerebrovasc Dis 26(8):1732-1738, 2017
  4. Kiyofumi Yamada, Shinichi Yoshimura, Masatomo Miura, Takuya Kanamaru, Seigo Shindo, Kazutaka Uchida, Manabu Shirakawa, Masahiko Shibuya, Takahiro Imanaka, Masaharu Ishihara, Tohru Masuyama, Reiichi Ishikura, Masanori Kawasaki Potential of new-generation double-layer micromesh stent for carotid artery stenting in patients with unstable plaque: a preliminary result using OFDI analysis. World Neurosurg 105:321-326, 2017
  5. Kiyofumi Yamada, Shinichi Yoshimura, Manabu Shirakawa, Kazutaka Uchida, Fumiaki Maruyama, Shigehiro Nakahara, Shuji Nishida, Yasuhiro Iwamoto, Yoshikazu Sato, Masanori Kawasaki High intensity signal in the plaque on routine 3D-TOF MRA is associated with ischemic stroke in the patients with low-grade carotid stenosis. J Neurol Sci 385:164-167, 2018
  6. Yoji Kuramoto, Hirotoshi Imamura, Nobuyuki Sakai, Hidemitsu Adachi, Yasushi Ueno  Long-term results of therapeutic parent artery occlusion without bypass surgery for internal carotid artery aneurysms. JNET 11:351-358, 2017
  7. Toshinori Takagi, Shinichi Yoshimura, Kazutaka Uchida, Manabu Shirakawa, Kiyofumi Yamada, Kotaro Tatebayashi The current status of endovascular thrombectomy for acute ischemic stroke in Japan: results of a nationwide questionnaire survey in 2016. JNET 11:504-511, 2017
  8. Toshinori Takagi, Takahiko Imai, Keisuke Mishiro, Mitsue Ishisaka, Masanori Tsujimoto, Hideki Ito, Kazunori Nagashima, Haruka Matsukawa, Kazuhiro Tsuruma, Masamitsu Shimazawa, Shinichi Yoshimura, Osamu Kozawa, Toru Iwama, Hideaki Hara Cilostazol ameliorates collagenase-induced cerebral hemorrhage by protecting the blood-brain barrier. J Cereb Blood Flow Metab 37(1):123-139, 2017
  9. Masatomo Miura, Makoto Nakajima, Akiko Fujimoto, Shinya Shiraishi, David S. Liebeskind, Yukio Ando Decreased signal intensity ratio on MRA reflects misery perfusion on SPECT in patients with intracranial stenosis. J Neuroimaging 28:206-211, 2017
  10. Kotaro Tatebayashi, Yasue Tanaka, Akiko Nakano-Doi, Rika Sakuma, Saeko Kamachi, Manabu Shirakawa, Kazutaka Uchida, Hiroto Kageyama, Toshinori Takagi, Shinichi Yoshimura, Tomohiro Matsuyama, Takayuki Nakagomi Identification of multipotent stem cells in human brain tissue following stroke. Stem Cells Dev 26(11):787-797, 2017
  11. Yusuke Egashira, Keita Yamauchi, Yukiko Enomoto, Noriyuki Nakayama, Shinichi Yoshimura, Toru Iwama Disruption of cortical arterial network is associated with the severity of transient neurological events after direct bypass surgery in adult moyamoya disease. World Neurosurg 100:311-315, 2017
  12. Ryota Kurogi, Akiko Kada, Kunihiro Nishimura, Satoru Kamitani, Ataru Nishimura, Tetsuro Sayama, Jyoji Nakagawara, Kazunori Toyoda, Kuniaki Ogasawara, Junichi Ono, Yoshiaki Shiokawa, Toru Aruga, Shigeru Miyachi, Izumi Nagata, Shinya Matsuda, Shinichi Yoshimura, Kazuo Okuchi, Akifumi Suzuki, Fumiaki Nakamura, Daisuke Onozuka, Akihito Hagihara, Koji Iihara; J-ASPECT Study Collaborators Effect of treatment modality on in-hospital outcome in patients with subarachnoid hemorrhage: a nationwide study in Japan (J-ASPECT Study). J Neurosurg 26:1-9, 2017
  13. Hiro Kiyosue, Yuji Matsumaru, Yasunari Niimi, Keisuke Takai, Tomoya Ishiguro, Masafumi Hiramatsu, Kotaro Tatebayashi, Toshinori Takagi, Shinichi Yoshimura Angiographic and clinical characteristics of thoracolumbar spinal epidural and dural arteriovenous fistulas. Stroke 48(12):3215-3222, 2017
  14. Fumihiro Sanada, Jun Muratsu, Rei Otsu, Hideo Shimizu, Nobutaka Koibuchi, Kazutaka Uchida, Yoshiaki Taniyama, Shinichi Yoshimura, Hiromi Rakugi, Ryuichi Morishita Local production of activated factor X in atherosclerotic plaque induced vascular smooth muscle cell senescence. Sci Rep 7(1):17172, 2017
  15. Misato Kashiba, Masayuki Terashima, Tomofumi Sagawa, Shinichi Yoshimura, Yorihiro Yamamoto Prosaposin knockdown in Caco-2 cells decreases cellular levels of coenzyme Q10 and ATP, and results in the loss of tight junction barriers. J Clin Biochem Nutr 60(2):81-85, 2017
  16. Ryota Kurogi, Kunihiro Nishimura, Michikazu Nakai, Akiko Kada, Satoru Kamitani, Jyoji Nakagawara, Kazunori Toyoda, Kuniaki Ogasawara, Junichi Ono, Yoshiaki Shiokawa, Toru Aruga, Shigeru Miyachi, Izumi Nagata, Shinya Matsuda, Shinichi Yoshimura, Kazuo Okuchi, Akifumi Suzuki, Fumiaki Nakamura, Daisuke Onozuka, Keisuke Ido, Ai Kurogi, Nobutaka Mukae, Ataru Nishimura, Koichi Arimura, Takanari Kitazono, Akihito Hagihara, Koji Iihara; J-ASPECT Study Collaborators Comparing intracerebral hemorrhages associated with direct oral anticoagulants or warfarin. Neurology 90(13):e1143-e1149, 2018
  17. Xihai Zhao, Daniel S. Hippe, Rui Li, Gador M. Canton, Binbin Sui, Yan Song, Feiyu Li, Yunjing Xue, Jie Sun, Kiyofumi Yamada, Thomas S. Hatsukami, Dongxiang Xu, Maoxue Wang, Chun Yuan; on behalf of the CARE-II Study Collaborators Prevalence and characteristics of carotid artery high-risk atherosclerotic plaques in Chinese patients with cerebrovascular symptoms: a Chinese atherosclerosis risk evaluation II study. J Am Heart Assoc 6(8):e005831, 2017
  18. Shigenobu Sawada, Yoko Ono, Yusuke Egashira, Toshinori Takagi, Kazuhiro Tsuruma, Masamitsu Shimazawa, Toru Iwama, Hideaki Hara In models of intracerebral hemorrhage, rivaroxaban is superior to warfarin to limit blood brain barrier disruption and hematoma expansion. Curr Neurovasc Res 14(2):96-103, 2017
  19. Takahiko Imai, Keisuke Mishiro, Toshinori Takagi, Aoi Isono, Hideko Nagasawa, Kazuhiro Tsuruma, Masamitsu Shimazawa, Hideaki Hara Protective effect of bendavia (SS-31) against oxygen/glucose-deprivation stress-induced mitochondrial damage in human brain microvascular endothelial cells. Curr Neurovasc Res 14(1):53-59, 2017
  20. Koichi Arimura, Hirotoshi Imamura, Chiaki Sakai, Shoichi Tani, Hidemitsu Adachi, Takayuki Funatsu, Mikiya Beppu, Noriyoshi Takebe, Keita Suzuki, Tomohiro Okuda, Yuichi Matsui, Yasunori Yoshida, Syuhei Kawabata, Nobuyuki Sakai Safety and efficacy of prasugrel with endovascular treatment for unruptured cerebral aneurysm. JNET 11:553-557, 2017
  21. Takumi Kuriyama, Nobuyuki Sakai, Mikiya Beppu, Chiaki Sakai, Hirotoshi Imamura, Iwao Kojima, Katsuhiro Masago, Nobuyuki Katakami Optimal dilution of contrast medium for quantitating parenchymal blood volume using a flat-panel detector. J Int Med Res 46(1):464-474, 2018
  22. Takumi Kuriyama, Nobuyuki Sakai, Mikiya Beppu, Chiaki Sakai, Hirotoshi Imamura, Katsuhiro Masago, Nobuyuki Katakami, Haruo Isoda Quantitative analysis of conebeam CT for delineating stents in stent-assisted coil embolization. AJNR Am J Neuroradiol 39(3):488-493, 2018

著書[和文]

  1. 吉村紳一 担当編集委員 新NS NOW No.11 Advanced 脳血管内治療 一歩上の治療を目指して. 第1版第1刷, メジカルビュー社: 東京, 2017
  2. 吉村紳一 15. 神経・筋疾患 虚血性脳血管障害の外科的治療 (血管内治療を含む). 今日の治療指針2018年度版 (福井次矢, 高木誠, 小室一成 総編集) 第1刷, 895-896, 医学書院: 東京, 2018
  3. 吉村紳一 第60巻記念企画 総編集者が選ぶこれからの医療がわかる10大テーマ 5. 急性期脳梗塞の治療戦略 −ステントリトリーバーの対象と効果−. 今日の治療指針2018年度版 (福井次矢, 高木誠, 小室一成 総編集) 第1刷, 22-23, 医学書院: 東京, 2018
  4. 吉村紳一 脳卒中をやっつけろ. 第1版第1刷, 三輪書店: 東京, 2018
  5. 坂井信幸, 江面正幸, 松丸祐司, 宮地茂, 吉村紳一 編 脳血管内治療の進歩 ブラッシュアップセミナー 2017 アクセスのすべて −脳血管内治療成功の鍵−. 初版第1刷, 診断と治療社: 東京, 2018
  6. 坂井信幸, 吉村紳一 監 誌上回答コーナー エキスパートがズバリ!あなたの疑問に答えます. 脳血管内治療の進歩 ブラッシュアップセミナー 2017 アクセスのすべて −脳血管内治療成功の鍵− (坂井信幸, 江面正幸, 松丸祐司, 宮地茂, 吉村紳一 編) 初版第1刷, 診断と治療社: 東京, 2018
  7. 内田和孝, 吉村紳一 Ⅳ. 外科的治療② 頚動脈ステント留置術 (CAS) CASの周術管理, 合併症と対策 過灌流症候群の管理とstaged angioplasty. パーフェクトマスター頚動脈狭窄症 (永田泉 監 / 中原一郎 編) 第1版第1刷, 384-388, メジカルビュー社: 東京, 2017
  8. 山田清文, 吉村紳一 Ⅰ. 神経疾患の治療法 外科治療 血管内治療. 神経疾患ストラテジー (祖父江元 専門編集 / 辻省次 総編集) 第1版第1刷, 270-277, 中山書店: 東京, 2017
  9. 山田清文, 吉村紳一 頚動脈ステント留置術 ソフトプラーク・石灰化病変に対する頚動脈ステント留置術 (CAS). 新NS NOW No.11 Advanced 脳血管内治療 一歩上の治療を目指して (森田明夫, 伊達勲, 菊田健一郎 編集委員 / 吉村紳一 担当編集委員) 第1版第1刷, 110-119, メジカルビュー社: 東京, 2017
  10. 山田清文, 吉村紳一 コラム 高齢者脳塞栓の血管内治療. 老年脳神経外科診察マニュアル (新井一 監 / 井川房夫, 森田明夫 編) 第1版第1刷, 92-96, メジカルビュー社: 東京, 2018
  11. 山田清文, 吉村紳一 第11章 脳梗塞に対する急性期再灌流療法. CIRCULATION UP to Date Book 19 (井上耕一, 金子英弘 編) 第1版第1刷, 186-194, メディカ出版: 大阪, 2017
  12. 黒田淳子, 進藤誠悟, 吉村紳一 TOPICS OCTの実力. パーフェクトマスター頚動脈狭窄症 (永田泉 監 / 中原一郎 編) 第1版第1刷, 68-73, メジカルビュー社: 東京, 2017

[原著(和文)]

  1. 桧山永得, 吉村紳一 急性期脳梗塞に対するDrip、Ship and Retrieve療法の有効性と安全性の検討. Neurosurg Emerg 22(1):10-14, 2017
  2. 草場正彦, 友金祐介, 吉村紳一 脳腫瘍患者の初期症状と病院に受診するまでの期間について. 理学療法科学 33(1):117-120, 2018
  3. 松原博文, 榎本由貴子, 辻本真範, 髙木俊範, 吉村紳一, 岩間亨 頸動脈内膜剥離術と冠動脈バイパス術の一期的手術の有用性. 脳卒中の外科 45(2):121-125, 2017

[総説(欧文)]

  1. Shinichi Yoshimura Japanese Congress of Neurological Surgeons presidential address-treatment of carotid artery stenosis based on plaque imaging. Neurosurgery 64(CN_suppl_1):129-133, 2017
  2. Toshinori Takagi, Shinichi Yoshimura, Rika Sakuma, Akiko Nakano-Doi, Tomohiro Matsuyama, Takayuki Nakagomi Novel regenerative therapies based on regionally induced multipotent stem cells in post-stroke brains: their origin, characterization, and perspective. Transl Stroke Res 8(6):515-528, 2017

[総説(和文)]

  1. 吉村紳一 脳血管内治療の最前線. 成人病と生活習慣病 47(5):589-593, 2017
  2. 吉村紳一 脳血管障害 診療のエッセンス 主な脳血管障害の診断と治療 脳梗塞の診断と治療/脳梗塞超急性期の診断と治療/血管内治療 機械的血栓回収療法. 日本医師会雑誌 146(特別1):S171-S172, 2017
  3. 坂井千秋, 坂井信幸, 山本晴子, 永井洋士, 吉村紳一, 今村博敏 Pragmatic Clinical Trialへの誘い (いざない) 脳血管内治療関連医療機器の治験と多施設共同研究の経験. 薬理と治療45(Suppl 2):s68-s72, 2017
  4. 山田清文, 吉村紳一 頚動脈プラークの新しいイメージング −IVUSと光干渉断層法−. Current Therapy 35(4):333-338, 2017
  5. 山田清文 コラムPipelineを用いた脳動脈瘤の新しい治療. BRAIN NURSING 33(11):1100-1102, 2017
  6. 山田清文, 隂山博人, 吉村紳一 動脈・静脈の疾患 (下) −最新の診断・治療動向− 動脈・静脈の疾患 (臓器別) 脳血管疾患 脳梗塞 外科治療. 日本臨床 75(増刊5 動脈・静脈の疾患(下)):602-607, 2017
  7. 蔵本要二, 吉村紳一 脳卒中診療の最近の動向 −新しいエビデンスとトピックス 超急性期血栓回収療法の適応と限界. Current Therapy 35(12):1151-1156, 2017
  8. 髙木俊範, 吉村紳一, 中込隆之, 松山知弘 神経・筋幹細胞による研究 傷害誘導性神経・多能性幹細胞. Clinical Neuroscience 36(3):346-350, 2018
  9. 三浦正智, 吉村紳一 神経画像の新しい理解 脳虚血超急性期治療と神経画像. 分子脳血管病 16(2):144-149, 2017
  10. 三浦正智, 吉村紳一 新薬紹介 (No.78) ダビガトラン特異的中和薬 イダルシズマブ (遺伝子組換え). 日本医師会雑誌 146(2):276-277, 2017
  11. 三浦正智, 吉村紳一 高度脳血流低下を伴った症候性頚動脈狭窄症. 脳神経外科速報 27(7): 722-728, 2017
  12. 沼宗一郎, 三浦正智, 吉村紳一 脳梗塞の急性期治療 現状と課題 脳血栓回収療法の現状と課題. Medical Science Digest 43(11):552-555, 2017
  13. 沼宗一郎, 三浦正智, 吉村紳一 脳卒中治療update 脳血栓回収療法の最前線. 神経内科 87(5):499-505, 2017
  14. 金丸拓也, 吉村紳一 血管内治療・デバイス総覧 (第6回) Trevo XP ProVue Retriever. 分子脳血管病 16(2):164-167, 2017
  15. 立林洸太朗, 吉村紳一 中枢神経系の血管奇形 −最新情報 頭部の硬膜動静脈瘻 (dAVF) 小脳テント部のdAVF. Clinical Neuroscience 35(10):1229-1233, 2017
  16. 松山知弘, 中込隆之, 髙木俊範, 吉村紳一 血行再建療法時代の脳保護療法と再生医療 虚血誘導性多能性幹細胞とその臨床応用への展開. 分子脳血管病 17(1):21-25, 2018
  17. 松原博文, 榎本由貴子, 辻本真範, 髙木俊範, 吉村紳一, 岩間亨 頚動脈内膜剥離術と冠動脈バイパス術の一期的手術の有用性. 脳卒中の外科 45:121-125, 2017

[症例報告(欧文)]

  1. Yoji Kuramoto, Daisuke Shimo, Shinya Hori, Kazuyuki Mikami, Toshiaki Bando, Takahiro Kuroyama, Narihide Shinoda, Yasushi Ueno A case of vertebro-vertebral arteriovenous fistula clinically diagnosed as segmental arterial mediolysis complicated by celiac artery aneurysm suspected in a state of impending rupture. JNET 11:376-381, 2017
  2. Masatomo Miura, Makoto Nakajima, Akiko Fujimoto, Yasuyuki Kaku, Takayuki Kawano, Masaki Watanabe, Jun-ichi Kuratsu, Yukio Ando High prevalence of small vessel disease long after cranial irradiation. J Clin Neurosci 46:129-135, 2017
  3. Toshiaki Bando, Yoji Kuramoto, Narihide Shinoda, Shinya Hori, Kazuyuki Mikami, Daisuke Shimo Two cases of cerebral venous sinus thrombosis successfully recanalized by the concomitant use of an aspiration through the guiding catheter and stent thrombectomy device. JNET 12:43-51, 2018

[症例報告(和文)]

  1. 朴淳姫, 狩谷伸享, 白川学, 宮脇弘樹, 中本志郎, 廣瀬宗孝 抗血小板薬投与下の内頸動脈瘤に対するステント術後に食道粘膜下血腫を発症した症例. 麻酔 67:302-305, 2018

[その他(欧文)]

  1. Shinichi Yoshimura, Kazutaka Uchida, Takeshi Morimoto Response by Yoshimura et al to letter regarding article, "Randomized controlled trial of early versus delayed statin therapy in patients with acute ischemic stroke: ASSORT Trial (Administration of Statin on Acute Ischemic Stroke Patient)". Stroke 49(3):e132, 2018

[その他(和文)]


  1. 吉村紳一 国際学会 (ISC 2017) 脳梗塞後のスタチン療法 「直後」と「7日後」の開始で機能的自立度に差なし. (取材記事) Medical Tribune 50(8):2, 2017
  2. 吉村紳一 軽症例では急性期のスタチン投与は不要. (解説) Medical Tribune 50(8):2, 2017
  3. 吉村紳一 解説 脳血管内治療の普及を後押しする結果. Medcal Tribune 50(13):3, 2017
  4. 吉村紳一 脂質異常症を伴う急性期脳梗塞患者に対するスタチンの急性期投与の意義を解明. 学校法人兵庫医科大学広報 238:4, 2017
  5. 吉村紳一 編集後記. 脳卒中の外科 45(3):240, 2017
  6. 吉村紳一 Doctor’s opinion 脳血管内治療の最新情報. Doctor’s Magazine 214:2, 2017
  7. 吉村紳一 手術の助手は「回り道」ではない. (Editor’s View) 脳神経外科速報 27(11):1211, 2017
  8. 吉村紳一 MR CLEANを読む 心房細動合併例に血管内治療は無効か? BEYOND Stroke 01:8-9, 2017
  9. 吉村紳一 血管内治療の実施件数・専門医数の全国調査結果について RESCUE-Japan Project (日本脳神経血管内治療学会助成研究). JSA News 51:11-12, 2017
  10. 吉村紳一 書評 Dr. BABAのメディカルイラストレーション講座 −完成度の高い手術イラストの描き方−. 脳神経外科 46(2):130, 2018
  11. 吉村紳一 リレーエッセイ 時間の風景 忘れられない患者. Medical Tribune 51(7):16, 2018
  12. 内田和孝 ダビガトラン内服中の頭蓋内出血に対して、イダルシズマブ投与後に開頭術を施行した一例. STROKE2017学会レポート 4, 2017
  13. 黒田敏 (司会), 桑山直也, 鈴木倫保, 矢坂正弘, 吉村紳一 脳卒中医療 −急性期治療の近未来 変貌する脳梗塞急性期治療の動向と今後の方向性. (座談会) Medical Torch 13(2):48-60, 2017
  14. 松丸祐司(司会), 田中美千裕, 吉村紳一, 松本康史 脳血管内治療医による積極的LDL-C低下治療について. (座談会) Pharma Medica 35(7):81-87, 2017 

学会発表

国際学会

  1. Shinichi Yoshimura Frontline of acute stroke intervention. (Lecture) WFNS Foundation Beijing Live Surgery Seminar, Beijing, China, 2017.4.29
  2. Shinichi Yoshimura Complication during flow diverter deployment. (Invited Speaker) 2017 Cerebrovascular Complications Conference (3C), Jackson Hole, USA, 2017.6.26
  3. Shinichi Yoshimura When a stent is needed: intra-procedural and post-procedural strategies for tandem occlusions and/or ICAD. (Panel Discussion) Society of NeuroInterventional Surgery 14th Annual Meeting, Colorado Springs, USA, 2017.7.24
  4. Shinichi Yoshimura New perspectives in clinical trial design: the importance of registries. (Lecture) Society of NeuroInterventional Surgery 14th Annual Meeting, Colorado Springs, USA, 2017.7.24
  5. Shinichi Yoshimura Potential of new generation double-layer micromesh stent for carotid artery stenting in patients with unstable plaque - a preliminary result using OFDI analysis. 14th Congress of the World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology, Budapest, Hungary, 2017.10.16
  6. Shinichi Yoshimura Current status of acute stroke intervention in Japan: from RECUE-Japan Project. (Symposium) The 8th Korea-Japan Joint Stroke Conference, Niigata, Japan, 2017.10.21
  7. Shinichi Yoshimura Endovascular therapy for intracranial atherosclerosis. (Invited Symposium) International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.24
  8. Shinichi Yoshimura, Nobuyuki Sakai, Kazutaka Uchida, Masayuki Ezura, Yasushi Okada, Kazuo Kitagawa, Kazumi Kimura, Makoto Sasaki, Norio Tanahashi, Kazunori Toyoda, Eisuke Furui, Yuji Matsumaru, Kazuo Minematsu, Hiroshi Yamagami, Takeshi Morimoto Real world efficacy of endovascular thrombectomy in patients with acute cerebral large vessel occlusion in Japan - first report from RESCUE-Japan Registry 2. International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.25
  9. Hiroto Kageyama, Tomoko Iida, Kazutaka Uchida, Shinichi Yoshimura Usefulness of pediguard for safety and accuracy for lateral mass screw placement of C1. The 8th Annual Meeting of Asia Spine, Osaka, Japan, 2017.6.9
  10. Manabu Shirakawa Treatment strategy and experiences in using Orbit Galaxy. (Symposium) The 2nd Instructional Course at Changhai Hospital, Shanghai, China, 2017.4.18
  11. Manabu Shirakawa, Shinichi Yoshimura Carotid artery stenting based on plaque image. (Symposium) WFNS Foundation Beijing Live Surgery Seminar, Beijing, China, 2017.4.29
  12. Manabu Shirakawa, Shinichi Yoshimura A patient with ruptured blister-like IC aneurysm. 2017 Cerebrovascular Complications Conference (3C), Jackson Hole, USA, 2017.6.27
  13. Manabu Shirakawa, Shinichi Yoshimura, Kazutaka Uchida, Kiyofumi Yamada Endovascular therapy for acute large vessel occlusion due to atherothrombosis. 14th Congress of the World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology, Budapest, Hungary, 2017.10.15
  14. Manabu Shirakawa, Shinichi Yoshimura, Kazutaka Uchida, Kiyofumi Yamada, Daisuke Sakamoto, Masatomo Miura, Yasunori Yoshida, Souichirou Numa Semi-jail technique for coil embolization with new open-cell stent. The 8th Korea-Japan Joint Stroke Conference, Niigata, Japan, 2017.10.17
  15. Kazutaka Uchida, Shinichi Yoshimura, Manabu Shirakawa, Kiyofumi Yamada Experience of staged angioplasty for carotid artery stenosis to avoid hyperperfusion syndrome. WFNS Foundation Beijing Live Surgery Seminar, Beijing, China, 2017.4.29
  16. Kazutaka Uchida, Shinichi Yoshimura, Manabu Shirakawa, Kiyofumi Yamada Experience of staged angioplasty for carotid artery stenosis to avoid hyperperfusion syndrome. 14th Congress of the World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology, Budapest, Hungary, 2017.10.14
  17. Kazutaka Uchida, Shinichi Yoshimura, Takeshi Morimoto Development and validation of clinical prediction score for classification of stroke at pre-hospital care. (Late-breaking Session) International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.24
  18. Kazutaka Uchida, Shinichi Yoshimura, Nagayasu Hiyama, Yoshiharu Oki, Tsuyoshi Matsumoto, Ryou Tokuda, Ikuya Yamaura, Shin Saito, Masataka Takeuchi, Keigo Shigeta, Hayato Araki, Takeshi Morimoto The clinical prediction rules to classify type of stroke at prehospital. International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.25
  19. Kiyofumi Yamada The role of magnetic resonance and optical frequency domain imaging in carotid artery stenting: MR-CAS Study. (Symposium) International Collaborations in Imaging: Vascular & Beyond, Seattle, USA, 2017.5.1
  20. Kiyofumi Yamada, Manabu Shirakawa, Yukiko Enomoto, Takao Kojima, Kazuki Wakabayashi, Jie Sun, Daniel S. Hippe, Xu Dongxiang, Thomas S. Hatsukami, Chun Yuan, Masanori Kawasaki, Shinichi Yoshimura Magnetic Resonance plaque imaging before Carotid Artery Stenting (MR-CAS) Study:Initial results. International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.24
  21. Kiyofumi Yamada, Masanori Kawasaki, Masatomo Miura, Takuya Kanamaru, Manabu Shirakawa, Kazutaka Uchida, Chun Yuan, Thomas Hatsukami, Shinichi Yosimura Prediction of irregular plaque protrusion after stenting by magnetic resonance imaging plaque characterization. International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.24
  22. Toshinori Takagi, Alexander Mitropoulos Tissue engineered scaffold of stem cells for treatment of cerebral infarction. Interstellar Initiative August Workshop, New York, USA, 2017.8.2
  23. Toshinori Takagi Injury-induced multipotent stem cells for treatment of cerebral infarction. Satellite Interstellar Initiative at A*STAR, Singapore, 2017.12.4
  24. Kotaro Tatebayashi, Toshinori Takagi, Akiko Nakano-Doi, Rika Sakuma, Yasue Tanaka, Saeko Kamachi, Manabu Shirakawa, Kazutaka Uchida, Hiroto Kageyama, Takayuki Nakagomi, Tomohiro Matsuyama, Shinichi Yoshimura Ischemia-induced multipotent stem cells in human cerebral infarction. International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.25
  25. Ai Kurogi, Daisuke Onozuka, Akihito Hagihara, Akiko Kada, Kunihiro Nishimura, Satoru Kamitani, Kazuo Okuchi, Izumi Nagata, Shinya Matsuda, Fumiaki Nakamura, Akifumi Suzuki, Junichi Ono, Jyoji Nakagawara, Kazunori Toyoda, Shinichi Yosimura, Shigeru Miyachi, Yoshiaki Shiokawa, Kuniaki Ogasawara, Keisuke Ido, Ryota Kurogi, Ataru Nishimura, Kouichi Arimura, Koji Iihara Stent Retriever thrombectomy after intravenous tissue plasminogen versus intravenous tissue plasminogen activator alone in Japan: J-ASPECT Japan. International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.24
  26. Koichi Arimura, Ai Kurogi, Daisuke Onozuka, Toshihisa Anzai, Satoshi Okayama, Kazuo Okuchi, Akiko Kada, Takanari Kitazono, Yoshiaki Shiokawa, Naoki Nakashima, Kunihiro Nishimura, Akihito Hagihara, Takahiro Higashi, Satoshi Yasuda, Shinichi Yoshimura, Ataru Nishimura, Tetsuya Sakamoto, Koji Iihara Current status and issues in prehospital care for stroke in Japan: a nationwide fire department questionnaire survey. International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.24
  27. Satoru Kamitani, Kunihiro Nishimura, Akiko Kada, Ai Kurogi, Ryota Kurogi, Fumiaki Nakamura, Daisuke Onozuka, Akihito Hagihara, Junichi Ono, Jyoji Nakagawara, Kazuo Okuchi, Izumi Nagata, Shinya Matsuda, Akifumi Suzuki, Kazunori Toyoda, Shinichi Yoshimura, Shigeru Miyachi, Yoshiaki Shiokawa, Kuniaki Ogasawara, Toru Aruga, Yoshihiro Miyamoto, Keisuke Ido, Ataru Nishimura, Kouichi Arimura, Tetsuro Sayama, Koji Iihara Associations between temporal improvement of stroke care capabilities and functional outcome in acute ischemic stroke: J-ASPECT Study. International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.24
  28. Ryota Kurogi, Akiko Kada, Kunihiro Nishimura, Satoru Kamitani, Kuniaki Ogasawara, Junichi Ono, Yoshiaki Shiokawa, Kazunori Toyoda, Jyoji Nakagawara, Shigeru Miyachi, Shinichi Yoshimura, Kazuo Okuchi, Izumi Nagata, Shinya Matsuda, Fumiaki Nakamura, Daisuke Onozuka, Akihito Hagihara, Akifumi Suzuki, Keisuke Ido, Ai Kurogi, Ataru Nishimura, Koichi Arimura, Koji Iihara Associations between case volume and outcomes in the subarachnoid hemorrhage patients with clippig or coiling: J-ASPECTS Study. International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.24
  29. Akiko Kada, Ai Kurogi, Daisuke Onozuka, Akihito Hagihara, Kunihiro Nishimura, Satoru Kamitani, Junichi Ono, Jyoji Nakagawara, Kazuo Okuchi, Izumi Nagata, Shinya Matsuda, Fumiaki Nakamura, Akifumi Suzuki, Kazunori Toyoda, Shinichi Yoshimura, Shigeru Miyachi, Yoshiaki Shiokawa, Kuniaki Ogasawara, Keisuke Ido, Ryota Kurogi, Ataru Nishimura, Kouchi Arimura, Koji Iihara Effect of tissue plasminogen activator or endovascular thrombectomy for mortality of acute ischemic stroke in nationwide hospital cohort: J-ASPECT Study. International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.25
  30. Koji Iihara, Kunihiro Nishimura, Akiko Kada, Ai Kurogi, Daisuke Onozuka, Akihito Hagihara, Satoru Kamitani, Junichi Ono, Jyoji Nakagawara, Kazuo Okuchi, Izumi Nagata, Shinya Matsuda, Fumiaki Nakamura, Akifumi Suzuki, Kazunori Toyoda, Shinichi Yoshimura, Shigeru Miyachi, Yoshiaki Shiokawa, Kuniaki Ogasawara, Keisuke Ido, Ryota Kurogi, Ataru Nishimura, Kouichi Arimura Impact of the number of the board-certified physicians on the outcome of acute stroke: J-ASPECT Study. International Stroke Conference 2018, Los Angeles, USA, 2018.1.25

国内学会[学会]

  1. 吉村紳一 最新の血栓回収療法デバイスと手技. (シンポジウム) 第26回脳神経外科手術と機器学会, 甲府, 2017.4.14
  2. 吉村紳一 急性期脳梗塞治療の最前線と再発予防. (ランチョンセミナー) 第37回日本脳神経外科コングレス総会, 横浜, 2017.5.14
  3. 吉村紳一 急性期脳梗塞治療の現状と課題. (ランチョンセミナー) 第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 東京, 2017.5.27
  4. 吉村紳一, 白川学, 内田和孝, 山田清文, 金丸拓也, 三浦正智 急性期脳梗塞治療に対する急性再開通療法:その実際と今後の展望. (シンポジウム・基調講演) 第4回日本心血管脳卒中学会学術集会, 福岡, 2017.6.2
  5. 吉村紳一 急性期脳梗塞治療の実際と予防. (ランチョンセミナー) 脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2017, 神戸, 2017.7.7
  6. 吉村紳一 ハイドロゲルコイルの有効性 GREAT trialから. (共催セミナー) 脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2017, 神戸, 2017.7.7
  7. 吉村紳一 TypeⅢアーチをどう克服するか −私の克服法−. (セミナー) 脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2017, 神戸, 2017.7.9
  8. 吉村紳一 急性期脳梗塞に対する血管内治療の均てん化を目指して. (共催セミナー) 第58回日本神経学会学術大会, 京都, 2017.9.19
  9. Shinichi Yoshimura Current status of endovascular therapy for acute cerebral large vessel occlusion in Japan. (シンポジウム) 一般社団法人日本脳神経外科学会第76回学術総会, 名古屋, 2017.10.12
  10. 吉村紳一 RESCUE-Japanでみえた日本の現状と血栓回収療法の展望. (アフタヌーンセミナー) 一般社団法人日本脳神経外科学会第76回学術総会, 名古屋, 2017.10.12
  11. 吉村紳一 傍鞍部脳動脈瘤に対する治療戦略. (ランチョンセミナー) 一般社団法人日本脳神経外科学会第76回学術総会, 名古屋, 2017.10.13
  12. 吉村紳一 本邦の血栓回収療法の現状と専門医が知っておくべきチップス. (ランチョンセミナー) 第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 東京, 2017.11.25
  13. 吉村紳一 脳梗塞治療の出血合併症:あなたならどうする? (ランチョンセミナー) STROKE2018, 福岡, 2018.3.15
  14. 吉村紳一 わが国の現状と問題点:RESCUE-Japan Project. (JSNET STROKE2018合同シンポジウム) STROKE2018, 福岡, 2018.3.16
  15. 吉村紳一 脳血管内治療の最前線. (副会長講演) STROKE2018, 福岡, 2018.3.16
  16. 吉村紳一 ハイブリッド医師からみるフローダイバーターの将来. (ランチョンセミナー) STROKE2018, 福岡, 2018.3.17
  17. 隂山博人, 飯田倫子, 吉村紳一 Spinal drainege 抜去後の低髄圧症に対して硬膜修復術が奏功した一例. 第32回日本脊髄外科学会, 大阪, 2017.6.8
  18. 隂山博人, 飯田倫子, 吉村紳一 前方到達法が有用であった頚髄腹側髄膜腫の一例. 第24回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会学術集会, 新潟, 2017.9.22
  19. 白川学, 吉村紳一, 内田和孝, 山田清文, 黒田淳子, 金丸拓也, 三浦正智 動脈硬化性脳主幹動脈急性閉塞症に対する血管内治療. (シンポジウム) 第4回日本心血管脳卒中学会学術集会, 福岡, 2017.6.2
  20. 白川学, 吉村紳一 オープンセルステントを用いたsemi-jailing technique. 第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 東京, 2017.11.23
  21. 白川学, 吉村紳一, 内田和孝, 阪本大輔, 山田清文, 三浦正智, 沼宗一郎 ステント支援下脳動脈瘤コイル塞栓術の知行合 −semi-jailing techniqueの有用性. (シンポジウム) 第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 東京, 2017.11.25
  22. 白川学, 吉村紳一, 内田和孝, 山田清文, 阪本大輔, 髙木俊範, 三浦正智, 沼宗一郎 急性動脈硬化性脳主幹動脈閉塞症に対する血管内治療. (シンポジウム) 第23回日本脳神経外科救急学会, 奈良, 2018.2.4
  23. 白川学, 吉村紳一, 山田清文, 三浦正智 光干渉断層画像を用いた頭蓋内狭窄病変に対する血管内治療の経験. 第41回日本脳神経CI学会, 新潟, 2018.3.2
  24. 内田和孝, 吉村紳一, 森本剛, 桧山永得, 沖良春, 徳田良, 山浦生也, 竹内昌孝, 齋藤新, 重田恵吾, 能勢明徳, 棚田秀一, 白川学 救急隊用脳卒中病型分類予測アプリの開発. (シンポジウム) 第20回日本臨床脳神経外科学会, 広島, 2017.7.16
  25. 内田和孝, 吉村紳一, 森本剛 病院前脳卒中分類予測スコアの開発と検証. 第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 東京, 2017.11.25
  26. 内田和孝, 吉村紳一, 森本剛 Development and validation of clinical prediction score for classification of stroke at pre-hospital care. STROKE2018, 福岡, 2018.3.16
  27. 山田清文, 白川学, 内田和孝, 三浦正智, 金丸拓也, 髙木俊範, 進藤誠悟, 川崎雅規, 吉村紳一 光干渉断層診断を用いたCAS後プラーク逸脱評価とmicromesh covered stentの有用性. (シンポジウム) 第4回日本心血管脳卒中学会学術集会, 福岡, 2017.6.3
  28. 山田清文, 白川学, 内田和孝, 三浦正智, 金丸拓也, 進藤誠悟, 川崎雅規, 吉村紳一 頚動脈プラーク組織性状と頚動脈ステント留置術後プラーク逸脱との関係. 一般社団法人日本脳神経外科学会第76回学術総会, 名古屋, 2017.10.12
  29. 山田清文, 白川学, 内田和孝, 三浦正智, 金丸拓也, 進藤誠悟, 川崎雅規, 吉村紳一 Irregular plaque protrusion after carotid artery stenting assessment using OFDI. (シンポジウム) 第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 東京, 2017.11.23
  30. 山田清文, 白川学, 榎本由貴子, 小島隆夫, 若林和希, Thomas Hatsukami, Chun Yuan, 石藏礼一, 川崎雅規, 吉村紳一 頚動脈ステント留置術前MRIプラーク性状評価に関する前向き多施設登録研究: 初期結果. STROKE2018, 福岡, 2018.3.15
  31. 阪本大輔, 宇都宮英綱, 原田敦子, 山中巧, 内田和孝, 山崎麻美, 吉村紳一 キアリ2型奇形の有無からみた脊髄髄膜瘤の検討. (シンポジウム) 第45回日本小児神経外科学会, 神戸, 2017.6.2
  32. 阪本大輔, 原田敦子, 山崎麻美, 宇都宮英綱, 内田和孝, 白川学, 小野峻, 吉田泰規, 吉村紳一 小児もやもや病の脳血行再建術周術期におけるMRI-ASL灌流画像の有用性と問題点. 第36回 The Mt. Fuji Workshop on CVD, 大阪, 2017.8.26
  33. 髙木俊範, 立林洸太朗, 別府幹也, 蔵本要二, 中込隆之, 松山知弘, 吉村紳一 ヒト脳梗塞巣における脳傷害誘導性幹細胞の確立. 第18回日本分子脳神経外科学会, 甲府, 2017.8.25
  34. 髙木俊範, 吉村紳一, 坂井信幸, 飯原弘二, 大石英則, 広畑優, 松丸祐司, 松本康史, 山上宏 RESCUE Japan Projectの進捗. 第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 東京, 2017.11.24
  35. 別府幹也, 杉山慎一郎, 今村博敏, 白川学, 八木高伸, 坂井信幸, 吉村紳一 Flow diverter (FD) 留置前後における脳動脈瘤内の血行動態変化 〜Computational fluid dynamicsを用いた解析〜. 第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 東京, 2017.11.24
  36. 三浦正智, 中島誠, 沼宗一郎, 山田清文, 内田和孝, 白川学, 吉村紳一 転搬送症例における深部白質虚血性変化は急性期血栓回収療法後の頭蓋内出血を予測する. 第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 東京, 2017.11.23
  37. 三浦正智, 桒原舜太郎, 沼宗一郎, 山田清文, 内田和孝, 白川学, 吉村紳一 急性期脳梗塞患者における血栓回収療法後くも膜下出血に関する検討. STROKE2018, 福岡, 2018.3.16
  38. 原田敦子, 阪本大輔, 山崎麻美 小児における脳室腹腔短絡術の合併症. (シンポジウム) 第45回日本小児神経外科学会, 神戸, 2017.6.2

[地方会]

  1. 隂山博人, 飯田倫子, 吉村紳一 前方到達法が有用であった頚髄腹側髄膜腫の一例. 第75回近畿脊髄外科研究会, 豊中, 2017.4.8
  2. 白川学, 髙木俊範, 内田和孝, 吉村紳一 神戸宣言 その後 −兵庫県−. 第4回日本脳神経血管内治療学会近畿地方会, 大阪, 2017.9.2

[研究会・講演会等]

  1. 吉村紳一 脳領域におけるLDL-C低下療法に関するエビデンス. (講演) Round Table Discussion, 東京, 2017.4.5
  2. 吉村紳一 大型・巨大脳動脈瘤に対する挑戦. (特別講演) 第19回北九州脳神経外科フォーラム, 小倉, 2017.4.7
  3. 吉村紳一 特異的中和剤プリズバインドの登場によりプラザキサによる抗凝固療法は進化したか? 脳神経外科医の立場から. (講演) プラザキサ プリズバインド全国講演会, 東京, 2017.4.8
  4. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (講演) Anticoagulation Conference, 岡山, 2017.4.11
  5. 吉村紳一 救え! 急性期脳梗塞の最新治療と地域連携. (特別講演) 脳卒中地域医療連携講演会 in 浜松, 浜松, 2017.4.14
  6. 吉村紳一 急性期脳梗塞の最新治療と連携. (特別講演) 会津医学会学術講演会, 会津若松, 2017.4.21
  7. 吉村紳一 救え! 急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 十勝Network Meeting 2017, 帯広, 2017.5.9
  8. 吉村紳一 頭蓋内外動脈狭窄症に対する血管内治療:その実際と問題点. (特別講演) 第10回静岡CASフォーラム, 静岡, 2017.5.19
  9. 吉村紳一 Thrombectomy (歴史、功績と課題). (特別講演) COVER JAPAN関東セミナー, 東京, 2017.5.20
  10. 吉村紳一 救え! 急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 名古屋Stroke Meeting 2017, 名古屋, 2017.5.26
  11. 吉村紳一 一年間を振り返って. 第4回兵庫脳神経外科カンファレンス, 西宮, 2017.5.28
  12. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 中西讃地区 脳卒中ネットワーク講演, 丸亀, 2017.5.30
  13. 吉村紳一 脳血管障害治療の最前線. (特別講演) 脳卒中カンファレンス in 福岡南, 福岡, 2017.6.9
  14. 吉村紳一 急性期血行再開通療法の現状 血管内治療. (講演) Idarucizumab t-PA Advisory Board Meeting, 大阪, 2017.6.17
  15. 峰松一夫 (司会), 鈴木倫保, 豊田一則, 長谷川泰弘, 平野照之, 藤本茂, 矢坂正弘, 吉村紳一 Hans-Christoph Diener (座談会) Idarucizumab t-PA Advisory Board Meeting, 大阪, 2017.6.17
  16. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 心房細動患者のトータルケア講演会, 名古屋, 2017.6.23
  17. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) Core Member Meeting, 横浜, 2017.6.30
  18. 吉村紳一 脳血栓回収療法: その最新情報と課題. (特別講演) 第1回脳神経疾患フォーラムin 柏, 柏, 2017.7.12
  19. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (講演) Stroke救急疾患勉強会, 西宮, 2017.7.20
  20. 吉村紳一 救え!脳梗塞治療の最前線. (講演) ComPlavin Triple A Summit, 東京, 2017.7.23
  21. Shinichi Yoshimura Discussion of the cases after operations. (Lecture) The 3rd FEN Sapporo Live Microneurosurgery Course in Cerebrovascular and Skull Base Surgery, 札幌, 2017.7.27
  22. 吉村紳一 急性期脳梗塞の最新治療と診断のポイント. (講演) 第379回三田市医師会生涯教育研修会, 三田, 2017.8.24
  23. 吉村紳一 脳卒中疾患の診断から脳血管内治療まで. (特別講演) 第15回近畿救急撮影セミナー, 大阪, 2017.8.26
  24. 吉村紳一 急性期脳梗塞患者を救え! (基調講演) COVER JAPAN in Webinar, web配信, 2017.9.8
  25. 吉村紳一 急性期脳梗塞患者を救え!血管内治療の現状と展望. (特別講演) 北海道血栓回収療法懇話会, 札幌, 2017.9.15
  26. 吉村紳一 脳血管内治療の最前線. (特別講演) 静岡県東部脳神経疾患講演会, 沼津, 2017.9.22
  27. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞に対する血管内治療. (特別講演) 第35回島根脳血管障害研究会, 出雲, 2017.9.23
  28. 吉村紳一 急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 南房総脳卒中フォーラム, 鴨川, 2017.9.26
  29. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) Heart Brain Conference, 神戸, 2017.9.28
  30. 吉村紳一 救え!脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 熊本脳卒中超急性期の地域連携を考える講演会, 熊本, 2017.9.29
  31. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 京都山城脳卒中連携を考える会, 宇治, 2017.9.30
  32. 吉村紳一 脳血管障害の血管内治療の進歩. (講演) 第61回社会保険指導者講習会, 東京, 2017.10.4
  33. 吉村紳一 急性期脳梗塞に対する血管内治療のトピックス. (特別講演) 第14回福岡脳神経血管内治療シナプス, 福岡, 2017.10.6
  34. 吉村紳一 脳神経疾患由来の眼症状を見抜く! 〜その特徴と治療の最前線〜. (特別講演) 第2回兵庫アイカンファランスH・I・C, 西宮, 2017.10.7
  35. 吉村紳一 脳血管内治療の最前線. (シンポジウム) 第70回兵庫県医師会医学会, 神戸, 2017.10.22
  36. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 第7回Core Member Meeting, 岐阜, 2017.10.24
  37. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 抗凝固療法講演会, 仙台, 2017.11.1
  38. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 明日に繋げる抗凝固療法を考える会, 名古屋, 2017.11.10
  39. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 小倉地区学術講演会 抗凝固療法Up To Date, 北九州, 2017.11.14
  40. 吉村紳一 救え!脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 姫路聖マリア病院オープンセミナー, 姫路, 2017.11.16
  41. 吉村紳一 急性期脳梗塞患者を救え!そして守れ! (特別講演) 阪神脳塞栓地域連携セミナー, 西宮, 2017.11.17
  42. 吉村紳一 脳血管障害治療:二刀流の実際. (特別講演) 第17回Autumn Brain Conference in Dogo (ABCD), 松山, 2017.11.18
  43. 吉村紳一 脳血管内治療の最前線. (講演) 救急告示医療機関を対象とした研修会, 熊本, 2017.11.21
  44. 吉村紳一 PCSK9阻害薬は脳梗塞治療を変えるか? (基調講演) 虚血性脳血管障害に対する脂質治療を再考する, 東京, 2017.11.25
  45. 吉村紳一 PCSK9阻害薬は脳梗塞治療を変えるか. (特別講演) 脳梗塞に対するPCSK9阻害薬の期待, 芦屋, 2017.11.28
  46. 吉村紳一 急性期脳梗塞治療の最前線と二次予防. (特別講演) Daiichi-Sankyo循環器フォーラム, 神戸, 2017.11.30
  47. 吉村紳一 救え!!急性期血栓回収療法の普及を目指して. 第9回Tama-FAST, 立川, 2017.12.1
  48. 吉村紳一 脳血管障害治療の最前線. (特別講演) 南東北−新百合ヶ丘Neuro-Spine Winter Seminar, 横浜, 2017.12.2
  49. 吉村紳一 急性期の血行再建〜血管内治療によるアプローチ〜. (講演) OTSUKA NEUROSURGERY VIDEO LIVE, web配信, 2017.12.12
  50. 吉村紳一 救え!脳梗塞治療の最前線. (講演) Web講演会, web配信, 2018.1.12
  51. 吉村紳一 脳血管内治療の最前線. (特別講演) 脳卒中フォーラム2018 in KOBE, 神戸, 2018.2.3
  52. 吉村紳一 急性期脳梗塞患者を救え!〜動脈硬化性病変をどう治療するか〜. (講演) 大塚製薬e講演会, オンデマンド配信, 2018.2.5
  53. 吉村紳一 救え!急性期脳梗塞治療の最前線. (Special Lecture) Shiga Stroke Expert Meeting, 草津, 2018.2.7
  54. 吉村紳一 急性期脳梗塞に対する血管内治療の最近の話題と抗凝固療法. (特別講演) Stroke Seminar, 神戸, 2018.2.15
  55. 吉村紳一 急性期脳梗塞に対する最新の治療から予防まで. (特別講演) 急性期脳梗塞治療と脳梗塞の再発予防の検討会, 札幌, 2018.2.16
  56. 吉村紳一 救え!脳梗塞治療の最前線. (特別講演) 第1回神奈川圏央部地域血管内治療チームカンファレンス, 伊勢原, 2018.3.30
  57. 隂山博人 PediGuardの有用性. 第4回兵庫脳神経外科カンファレンス, 西宮, 2017.5.28
  58. 白川学, 吉村紳一 心停止後臓器提供の実際. フロンティアセミナー, 兵庫, 2017.4.27
  59. 白川学, 吉村紳一 当院におけるフローダイバーター治療. 第4回兵庫脳神経外科カンファレンス, 西宮, 2017.5.28
  60. 白川学 脳卒中の識別診断. (基調講演) 阪神地区消防長会救急隊員研修会, 西宮, 2017.6.8
  61. 白川学 兵庫医科大学におけるNeuroform Atlasの使用経験. (基調講演) 兵庫医大ラーニング@Stryker, 西宮, 2017.6.13
  62. 白川学, 吉村紳一 ダビガトラン内服中の脳出血に対しイダルシズマブを投与した1例. 抗凝固療法ネットワーク, 兵庫, 2017.6.16
  63. 白川学 脳卒中の鑑別診断. (教育講演) 阪神地区消防長会救急隊員研修会, 西宮, 2017.7.13
  64. 白川学, 吉村紳一 Ruptured blister-like aneurysmに対する血管内治療. 第54回近畿脳神経血管内手術法ワークショップ, 和歌山, 2017.7.14
  65. 白川学 私の学んできた脳血管内治療 −安全な脳動脈瘤コイル塞栓術を目指して−. (特別講演) Learning from Dr. Manabu Shirakawa, 京都, 2018.2.16
  66. 内田和孝 当科主導の臨床研究. 第4回兵庫脳神経外科カンファレンス, 西宮, 2017.5.28
  67. 山田清文 外来における頚動脈狭窄症診療のポイント. 阪神脳卒中セミナー2017, 尼崎, 2017.7.13
  68. 山田清文 TKI長期投与症例における心血管リスクの管理とボシュリフの役割. Pfizer Oncology Internet Symposium CML, Internet配信, 2017.9.29
  69. 山田清文 頚動脈ステント留置術 〜最新の話題〜. Complex Cardiovascular Therapeutics 2017, 神戸, 2017.10.26
  70. 阪本大輔 国内留学で学んだこととこれから. 第4回兵庫脳神経外科カンファレンス, 西宮, 2017.5.28
  71. 髙木俊範 当科の細胞治療. 第4回兵庫脳神経外科カンファレンス, 西宮, 2017.5.28
  72. 三浦正智 救急対応の実際、時間短縮の取り組み. (講演) Stroke救急疾患勉強会, 西宮, 2017.7.20
  73. 飯田倫子 はじめての腫瘍摘出術. 第4回兵庫脳神経外科カンファレンス, 西宮, 2017.5.28
  74. 棚田秀一 はじめてのSTA-MCA bypass術. 第4回兵庫脳神経外科カンファレンス, 西宮, 2017.5.28

[その他]

  1. 吉村紳一 IVR全般. 第15回脳神経外科勉強会, 名古屋, 2017.5.6
  2. 吉村紳一 脳卒中になりたくない方へ. (講演) 岐阜ロータリークラブ講演会, 岐阜, 2017.5.19
  3. 吉村紳一 脳血管内治療の最前線. (講演) 第1回脳神経看護セミナー, 西宮, 2017.6.18
  4. 吉村紳一 AIS (Acute ischemic stroke (虚血性急性脳梗塞))の現状と未来. テルモ社内講演会, 東京, 2017.9.4
  5. 吉村紳一 脳梗塞を予防しよう!〜薬と手術の最前線〜. (講演) 兵庫医科大学病院市民健康講座, 西宮, 2017.9.6
  6. 吉村紳一 脳卒中治療の最前線. (講演) 第6回脳神経看護セミナー, 西宮, 2017.12.3
  7. 吉村紳一 急性期脳梗塞治療の最前線. (講演) カネカメディックス社内講演会, 東京, 2017.12.8
  8. 吉村紳一 脳卒中にならないコツ. (特別講演) 第14回広島脳卒中市民シンポジウム, 広島, 2017.12.10
  9. 吉村紳一 急性期脳梗塞の予後改善を目指した先進的多角アプローチ. 第37回美原賞受賞記念講演会, 東京, 2018.2.23
  10. 髙木俊範, 蔵本要二, 立林洸太朗, 吉村紳一 ヒト脂肪組織由来幹細胞を用いた脳出血治療の開発. 第1回先進医薬研究報告会, 大阪, 2017.12.1

メディア、その他

  1. 吉村紳一 早期治療で脳梗塞から救え! (テレビ) おはよう!ドクター, 読売テレビ, 2017.6.24
  2. 吉村紳一 脳動脈瘤の最新治療. (テレビ) おはよう!ドクター, 読売テレビ, 2017.7.22
  3. 吉村紳一 医局のトビラ 「全ての患者を救う」 吉村紳一流の医局運営 兵庫医科大学脳神経外科医局Part.1. (web配信) Medical Tribune, 2017.7.31
  4. 吉村紳一 医局のトビラ 脳を救う魅力に惹かれる者にチャンスあり 兵庫医科大学脳神経外科医局Part.2. (web配信) Medical Tribune, 2017.8.1
  5. 吉村紳一 ジャーナル医療健康 脳梗塞の最新治療 “血管内治療”. (ラジオ) NHKジャーナル, NHKラジオ第一, 2017.9.6
  6. 吉村紳一 40代からの脳梗塞対策. (テレビ) あさイチ, NHK総合テレビ, 2017.9.11
  7. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 カテーテルで血栓除去 受診早いほど効果. (新聞) 山口新聞 5, 2017.10.9
  8. 吉村紳一 脳梗塞 血管内治療に期待 血栓回収 カテーテル進化. (新聞) 中國新聞 23, 2017.10.11
  9. 吉村紳一 脳梗塞に血管内治療 カテーテルで血栓除去 受診早いほど効果. (新聞) 沖縄タイムス 21, 2017.10.13
  10. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 カテーテルで血栓除去. (新聞) 秋田さきがけ 9, 2017.10.14
  11. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 カテーテルで血栓除去 受診早いほど効果. (web配信) 47NEWS 共同通信社, 2017.10.18
  12. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 カテーテルで血栓除去. (新聞) 室蘭民報 12, 2017.10.18
  13. 吉村紳一 脳梗塞 カテーテル治療進歩 受診早いほど効果. (新聞) 宮崎日日新聞 13, 2017.10.19
  14. 吉村紳一 脳梗塞 血管内治療に期待 専門学会 薬に追加して実施進める指針 カテーテル送り血の塊を回収 治療開始早いほど高い効果. (新聞) 信濃毎日新聞 29, 2017.10.20
  15. 吉村紳一 脳梗塞 血管内治療が進化 カテーテルで血栓除去 受診早いほど効果. (新聞) 新潟日報 20, 2017.10.20
  16. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 カテーテルで血栓除去 服薬にプラスで障害軽減. (新聞) 四國新聞 19, 2017.10.20
  17. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 薬とカテーテルで障害軽く 受診早いほど効果的. (新聞) 長崎新聞 10, 2017.10.22
  18. 吉村紳一 脳梗塞 血管内治療が進歩 カテーテルで血栓除去 受診早いほど効果. (新聞) 京都新聞 23, 2017.10.24
  19. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 カテーテルで血栓除去/受診早いほど効果. (新聞) 神奈川新聞 6, 2017.10.24
  20. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 カテーテルで血栓除去. (新聞) 佐賀新聞 15, 2017.10.24
  21. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 カテーテルで血栓回収 開始早いほど効果的. (新聞) 南日本新聞 21, 2017.10.24
  22. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 カテーテルで血栓除去. (新聞) 神戸新聞 17, 2017.10.26
  23. 吉村紳一 カテーテルで血栓除去 進歩する脳梗塞治療 受診早いほど効果. (新聞) 中部経済新聞 11, 2017.10.30
  24. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 カテーテルで血栓除去. (新聞) 山形新聞 20, 2017.10.30
  25. 吉村紳一 脳梗塞 血管内治療が進化 カテーテルで血栓除去 改良機器普及 欧米で好成績 発症疑い即病院へ. (新聞) 愛媛新聞 15, 2017.10.31
  26. 吉村紳一 進歩する脳梗塞治療 カテーテルで血栓除去. (新聞) 静岡新聞夕刊 5, 2017.11.14
  27. 吉村紳一 脳と健康長寿 脳を守る①血管内治療. (テレビ) 医のココロ, 毎日放送, 2018.1.27
  28. 吉村紳一 脳梗塞治療、薬とカテーテル併用すると死亡率3割減. (web配信) ヨミドクター 読売新聞, 2018.1.29
  29. 吉村紳一 薬とカテーテル併用治療 脳梗塞死亡率3割減. (新聞) 読売新聞夕刊 10, 2018.1.29
  30. 吉村紳一 学会トピック 第43回日本脳卒中学会学術集会脳梗塞血栓回収療法、2017年は前年比34%増. (web配信) 日経メディカル, 2018.3.20